教育方針

厳しさの中に、心かよう学習指導を!

晴城塾(せいじょうじゅくでは、なによりも 「自分自身が勉強する習慣を身につけること」を目標にしています。
与えられた課題をこなすことと、自分から学習することは違います。年々自分で学習できない子どもが増えていますが、社会で生きていく上で、自分で調べて理解する習慣はとても大切です。当塾で、勉強の方法を身につけてもらい、自分で勉強のできる子になってもらいたいと思っています。自発的に物事を理解し進めていく力は、今後子どもたちが生きていく上で、大いに役立つことでしょう。

また当塾では、「しつけ」を重んじております。子どもたちの「生活態度」が「学習態度」につながると考えるからです。勉強だけではなく、生き生きとした誠実な生活態度を身につけられるように、丁寧に愛情を持ってサポートしています。

晴城塾(せいじょうじゅくの学習指導目標

1.
自分に合った勉強の仕方を身につける

2.
教科書の内容の完全理解


【自分に合った勉強法】

塾生の中には、クラブや習いごとで毎日忙しい生活をしている人も多くいます。
『自分の時間をうまく使う』ことを指導し、自分に合ったスタイルの勉強法を身につけることに取り組んでいます。


【教科書の完全理解】

晴城塾(せいじょうじゅくでは、まず学校での内容を中心に学習し、より深い理解を目指しています。そのため、まずは学校の教科書の内容を十分に理解することを大切にしています。教科書を完全に理解した上で、問題練習に取り組んでいきます。


【わかりやすい授業】

どの教科を指導する場合にも常に分かりやすく授業を行っております。教科書をスタートとし段階を踏むことで、子どもたちはどんどん知識を吸収し、自信をつけて問題をこなしてゆくことができます。。


【子どもたちが目標を持つ】

初めは通常の学力を身につける事を目的としていた子どもたちも、このような方法で少しずつ自信をつけていくことができます。それにより目標をより高く持ち、より希望をふくらませ、志望校や夢を目指して頑張るようになっていきます。


【テスト対策】

中学生には、定期テストや実力テストの対策授業を行っています。 小学生には単元テストの対策授業を行っています。目標を達成することで、学ぶことの充実感や面白さを知り、自信をつけていくことができます。

不登校・学習障がい児
「支援コース」について

元中学校の理科教師であった絹谷 博 塾長が、平成5年に晴城塾(せいじょうじゅくを開塾した目的は、
「地域に密着して子どもたちに勉強の仕方を指導し、人に頼らず自分の力で勉強する力をつけること」
「不登校・学習障がいでも勉強したい子どもに対し、その子に合った勉強の仕方を教え、勉強できる場所を提供すること」

です。

私たちスタッフにも限界はあります。しかし、学習意欲のある子には「心のふれあい」を大切にし、入塾前に「保護者とのきめ細かい相談を行い」大切なお子さまをお預かりしています。

支援コースでの入塾をご希望の方は、まずはご面談させていただきます。お気軽にご相談ください。

支援コース
入塾までの流れ

【① 面談】

本人・保護者との面談
塾の教育方針や入塾可能基準のご説明

【② 仮・入塾 】

1ヶ月分の月謝をお支払いいただき、 最終的に受け入れられるかどうかを保護者と相談

【③ 入塾決定】

塾と保護者との合意の上、 入塾を決定いたします。

塾長のあいさつ

私の学習指導面で目指すものは「習ったことができる子」です。具体的には、「教科書の完全理解」を目指しています。特に中学生のコースでは、富田林市内の公立中学校の生徒のみをお預かりしています。それは、教科書を教材として指導しているからです。(教科書の準拠は市町村単位で違っています)
次に、「時間をうまく使える子」「自分で考えて行動できる子」です。勉強とスポーツや習いごとなどとの両立は、絶対可能です。うまく時間を使えているかということです。自分で工夫して時間を作り、だらだらせず、集中して、こなせる子に躾(しつけ)ています。
それでもやはり、勉強が苦手な子もいます。
しかし、その子なりの努力、頑張りを認めてあげたいのです。学校生活・家庭学習や生活など、それぞれの子どもたちを取り巻く環境の話を聞いた上で、生活面の指導もしています。勉強ができないからと言って、その子の価値は決まりません。勉強も一つの能力にすぎないからです。
どんな環境にあっても「生き抜く力」が大切だと考えています。

塾長プロフィール

塾長 絹谷 博(きぬや ひろし)

絹谷 博(きぬや ひろし)
昭和27年11月14日 大阪市北区に生まれる。

中学3年生より大阪府富田林市に在住。
大阪府立河南高校から、近畿大学理工学部原子炉工学科卒業。教員免許:高校理科2級、中学校理科1級、小学校2級を取得。
大阪府立河南高校生物科講師から南河内地区の公立中学校理科、養護学級主担 等の教員経験を経て、平成4年より地元 富田林市金剛団地内で、晴城塾を設立。
「子どもたちに勉強の方法を教える。いつでも勉強をしに来れる寺子屋塾」
「家庭での躾(しつけ)、学校とのかかわり方のアドバイス、子育て相談」
を目的に活動。

現在 晴城塾(せいじょうじゅくでは、
「小・中・高進学相談と指導」
「不登校児の相談と指導」
「学習障害児の相談と指導」
「無料教育相談と講演活動」
「地元公立学校との連携で、学習面・生活面の指導と教育相談」
を行う。

全日本家庭教育研究会 晴城支部では、
「無料子育て相談室」
「幼児教室」
「小学生教室:3箇所」
を運営の中心としている。
各地で「子育て支援講演」実施。

最近の教員活動では、
平成19年~20年、初芝堺中学校:理科非常勤講師。
平成22年、富田林市立明治池中学校:理科非常勤講師。

入塾をご希望の方へ 資料請求・お問い合わせ 電話をする【電話受付は19:00まで】

アクセス

〒584-0072
大阪府富田林市高辺台1丁目23-11
TEL:0721-29-1119

営業時間:14:00〜21:00 【電話受付は19:00まで】

定休日:日曜日・祝日